読書記録:2014年3月

グレイソン攻防戦 グレイソン攻防戦2 

デイヴィッド・ウェーバー 「グレイソン攻防戦」(上下)

前作がとても面白かったので、続けて2巻目を購入したのだけど、前作以上にハードで、ちと参った。
や、相変わらず本格スペースオペラで良かったのだけど、個人的に非常に辛い描写がね……ということで、まだまだ続刊はあるものの、ちょっと間を置いてみる。
改めて、私のスペースオペラ好きの原点はキャプテン・フューチャーにあるのだな、と今更ながら考える。


殺しの迷路

ヴァル・マクダーミド 「殺しの迷路」 

警部キャロルと心理分析官トニーのシリーズ、第3弾。これも↑と同様の描写はあるのだけど、覚悟していた分、まだマシか。
前作での事件もまだ片がついていないような状態で起こる連続殺人に、余計にハラハラ。
それにしてもプロファイラーって、なんて辛い職業というか何というか。自分自身の心の闇を掘っていって、異常な相手にシンクロして、尚且つ健全でいるべきなんて、どうしたって不可能な気がしてしまう。
できないわけじゃない、でも、そう思って立ち向かうには、そのリスクの大きさは途轍もない。


流れ行く者

上橋菜穂子 「流れ行く者-守り人短編集」 

大好きな「守り人」シリーズの外伝短編集。初めて知ったバルサやタンダの幼少、そして10代の生活と思い。
かわいそうに、と感じるようなものではない。現代に生活する私がそう考えて良いものでも決してない。
ただ、こういう中で生きていたらどうだっただろう、と考えずにはいられない形がそこにある。


 ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る

ゲイル・キャリガー 「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」 

「アレクシア女史」シリーズで楽しませてくれたキャリガー、新シリーズの翻訳。といっても、実はアレクシア女史の世界の一世代前の話なので、吸血鬼やドローンや狼男の設定はそのままだ。
ヴィクトリア風でハーレクインっぽい味つけは変わらずで面白かったのだけど、ちょっと尻切れトンボっぽいというか、むしろまだまだ導入部というか。4部作だそうなので、これは続きを待たねばなるまいな。


  ダークエンジェル 

メレディス・アン・ピアス 「ダークエンジェル」 

お薦めファンタジー、と何箇所かで見かけたので買ってみた。私の求めている傾向とは違ったけれど、それなりに楽しませてもらったよ。
幻想的な描写が多く、整理して捉えるのが難しい部分もあって、いまだに私の思ったので良かったのかどうか、な話であったが、クライマックスは理屈抜きにわくわくしながら読んだ。
これも続刊を読まないと何とも、らしいのだが、残念ながら邦訳はない模様。


  氷の娘 

レーナ・レヘトライネン 「氷の娘」 

こちらも前作が面白かったので、続刊も入手。ソチオリンピックの頃に読んだ、フィギュアスケートのミステリー。(おおっ)
スポーツの世界に絡むストーリーではあるのだけど、そちらの闇というわけではなく、やっぱりここでも人間ドラマ。
産休目前のマリアの個人的葛藤ももう一本の線となっていて、その辺りの繊細さがこのシリーズの魅力の一つだろう。終わった後の切なさが、良い意味で女性らしくて好ましい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

有川浩の「図書館戦争」シリーズも全巻読んだのだけど、これは別途感想を書く予定。(つまり未定……)



[PR]

  by wordworm | 2014-04-19 08:48

<< 読書記録:2014年4月 読書記録:2014年1~2月 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE