読書記録:2014年5月

ポール・マイヤーズ 「死のアリア」

エスピオナージ!という感じのスパイ小説。この手の作品を読むのは久しぶりで楽しかった。
冷戦終了後、スパイの仕事は別になくなったわけではないだろうけど、エンタメ分野では結構限定されてしまった感はあり。ジェームズ・ボンドも老いたし。
なので、その類に触れたければ、昔の作品を読み直すことが多いのだけど、娯楽としては本当に楽しい分野なんだよね。


魔法使いにキスを

シャンナ・スウェンドソン 「魔法使いにキスを」

大好きなシリーズ、とうとう第七弾。これはマジカル・ファンタジー・ロマンチック・コメディーと名づけられるみたいだけど、私からすればとにかく「チャーミング」の一言に尽きる。
可愛くて健気で、大人のユーモアたっぷりで。安心してハラハラ・ドキドキできて、ページを繰る手が止まらない上、何回読み直しても飽きないの。
ラストシーンからして、セカンドシーズンはこれで終わりということなのか、それともシリーズそのものがこれで終了か、気になるところ。


アン・マキャフリイ 「竜の反逆者」

パーンの竜騎士シリーズ、第7弾。
最初の方にセラが出てきたので、まさかこんな極悪女が主役!?と驚いたが、そうではなかったので一安心。
外伝を含めた今までのストーリーを別の視点から見たという内容も多く、まいったな、またイチから読み直しか、と思って、しかも読んでしまう自分って。こんなに昔から好きで読んでいるのに、まだ読み直さなきゃいけない自分って。
神様、一回読んだら二度と忘れない記憶力をください。あ、三回ぐらいでもいいです。


ゴッサムの神々 ゴッサムの神々2

リンジー・フェイ 「ゴッサムの神々」(上下)

19世紀以前の英国ミステリーが大好きなのだが、これは米国NY。NY市警が始めてできた時のお話で、実は今までなかったらしい。ロンドン警察の話はいっぱいあるのにね。
上巻は楽しみつつもゆっくりペースだったのだけど、下巻に入ってからぐんぐんとスピードアップ。これですむはずないとは思っていたけど、期待通りに面白かった。
事件の真相自体はそれほど、と言っても、それは現代ミステリーが猟奇性その他に富むようになってしまったからであって。それをクラシックという形ではなく、ちゃんと読ませてくれたのが嬉しい。
切ないエピソードも数々あったけど、読後感はかなり爽やかで、次作がすでに楽しみだ。


アーサー王の墓所の夢

アリアナ・フランクリン 「アーサー王の墓所の夢」

お気に入りの女医アデリア・シリーズ、第3弾。中世イングランド、修道院、十字軍と、私の好きなものばかり詰まってるシリーズ。
今回も面白かったけど、謎解きの面白さというより、ちょっと昼メロ風味。まあ、良くも悪くも本能が大きな割合を占めていた時代であったわけだから。
ラストが非常に不穏で「以下次号」的だったので、次作をどきどきしながら待つこととする。つか、次が最後って悲しすぎる……


黄金のランデヴー

アリステア・マクリーン 「黄金のランデヴー」

父の長年の愛読書と聞いて購入。海外のスパイ物やミステリーと、好きな分野が一緒なわりに、微妙に好みがずれている我々だけど、良いと思うものはかなり一致してるんだな。
マクリーンといえば映画化も多数の人気作家だけど、意外と読んだ数は少なくて。だけどこの本で集めちゃおうかと思ってしまうぐらいに、わくわくと面白かった。
日本での発行が70年代ぐらいだから、原作が書かれたのは一体何年前? それでも褪せることなく魅了されてしまうのは、さすがの力量。
[PR]

  by wordworm | 2014-06-19 10:22

<< 終了いたします 読書記録:2014年4月 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE