読書記録:2013年2月

雲霧

池波正太郎 「雲霧仁左衛門」(前

久々の池波時代劇。とある本で、マイナーだけど、池波作品の中で一番好き、という文を読んで、ソッコーで買ってしまったよ。
ヒーローや勧善懲悪色は薄いが、だから面白い。芸術ともいえるほどの大盗賊一味と、執念と頭脳で対抗する火付盗賊改方の駆け引きで、手に汗握るドラマの連続。
ラストが、なんとも言えずにほろりとさせられるのは、さすが池波氏。


黄昏に

ヨハン・テリオン 「黄昏に眠る秋」

切ないなあ……北欧の良い面ばかりが取り上げられる昨今だけど、実はこういう場所の方がずっと多いのを忘れてしまいがち。
年老いた男と、娘と、行方不明になった孫。登場人物も限られた中で、過去と現在が交錯する。
正義が行われた、とは言い切れない結末に肩を落としつつ、それでもこうやって日々は続いていくんだろう、と思わせられる。


RDG4

荻原規子 「RDG4 レッドデータガール 世界遺産の少女」

先月の記録で、待てる自信はない、と書いた通り、すぐに買ってしまった、発売されたばかりの4巻。
まだまだじりじりさせられる展開だけど、一つ一つ、布石が確実に置かれているような感もあり。
5・6巻が怒涛の展開になりそうで、あああ、早く続きが読みたい、読みたいのだ。


魔法無用の

シャンナ・スウェンドソン 「魔法無用のマジカルミッション」

これも、大好きなシリーズ。今までの巻も、何度も読み返しては飽きないまま。
前の巻で、オーウェンが魔力を失って、シリーズが終わり?とハラハラしたけど、「セカンドシーズン」と銘打っての再開。アメリカドラマかっつーの。
でも、相変わらず楽しく、わいわい、どきどきと。且つ、今後のストーリーのプロローグのようで、また続きをわくわくしながら待つ。


アレクシア女史、女王 アレクシア女史、埃及

ゲイル・ギャリガー 「アレクシア女史、女王陛下の暗殺を憂う」
          「アレクシア女史、埃及で木乃伊と踊る」


楽しかったアレクシア女史のシリーズも、これで完結。
プルーデンスはどんな子なんだろうと思っていたら、なるほど、こういう子だったか。
過去のあれこれもひっくるめて、大きな、大きな、大団円。
ちょっとはしょった気もしないでもないけど、いやあ、面白かった。爽快・軽快で、退屈しないファンタジー。
[PR]

  by wordworm | 2013-03-15 11:00

<< 読書記録:2013年3月 読書記録:2013年1月 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE