「気分はフルハウス」

b0059565_12363852.jpg
ジャネット・イヴァノヴィッチ著、細美遥子訳
「気分はフルハウス」
扶桑社 (2004/2/27)
ISBN-13: 978-4594043377


ステファニー・プラムシリーズの作者であるイヴァノヴィッチがスタートさせた新シリーズ。

実は本来ロマンス作家として有名だったイヴァノヴィッチ。この小説も元は'89年に別名義で出版された本をベースに、友人作家と大幅加筆し、新シリーズとして生まれ変わらせたということ。
なので作品の中心は、大富豪のニックと、バツ一子持ち女性のビリーとの恋愛にあるんだな。ろまんすだな。

とはいえさすがというか、主役だけでなく脇役も相変わらずはじけてる。ハイパー気分屋の従妹、天才児の甥、超高慢ちきな富豪美女などが繰り広げるドタバタは、ステファニーと同様に楽しめる。
ロマンスに重点が置かれた分、ミステリーとしての面白さは減ったけど、これはこれで良し。次作が楽しみ。
[PR]

  by wordworm | 2005-09-20 13:43

<< 「あとは野となれ」 「九段坂から」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE