「不思議の国の昆虫図鑑」

e0111545_6573984.jpg
伊藤博幸著
「不思議の国の昆虫図鑑」
凱風社 (1993/11)
ISBN-13: 978-4773618013


カラフルな虫のイラストが可愛らしくユーモラスだが、実は相当鋭い観察眼を通して語られており、人間に対する痛烈な皮肉がこもった内容。

オオイソガシムシ、アヒルグチゲラゲラ、ハズレヒトノミチオシエ。このような虫の名前を聞いて、一体どんな虫なのか即わかる人はまずいないだろう。
が、解説を読むと、膝をポンと叩いて納得する。時には机をバンバン叩いて賛同する。
あらゆる空間に生息し、数限りなく目撃されながらも、決して写真も標本もとることはかなわない、「ゆらぎ」としての存在である虫達。実は頻繁に会う知り合いの中に、ふっと目撃することさえ。

著者の友人であるという人から借りた貴重な本。現在闘病中であられるという著者の、一日でも早い回復を祈りたい。
[PR]

  by wordworm | 2005-06-27 06:55

<< 「大魔王の逆襲」 「世にも美しい数学入門」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE