「大魔王の逆襲」

e0111545_714516.jpg
テリー・ブルックス著、井辻朱美訳
「大魔王の逆襲」
早川書房 (1995/11)
ISBN-13: 978-4150202118


ランドオーヴァーシリーズ4巻目。

一難去ってまた一難。災難の設定に事欠かないところがファンタジーの便利さでもあるが、何より作者の力量。
新たな困り者キャラが運んでくる魔物。王妃に新しい命が宿ったと聞いた途端に巻き込まれる王。
1巻から宿敵ともいえる存在である魔女が共に災難に巻き込まれるのだが、初めて彼女の奥底を描いた箇所がある。片や子供をみごもった王妃にも試練は訪れ、両者の女性としての比較に思わず胸が痛くなる。

王のメダルの秘密も含め、4巻になってさえ新しく明らかになる事実の数に、改めて作者が初めからしっかりと練り上げた物語であることがわかる。
魔女との間の軋轢は、そのまま5巻に引き継がれることに。
[PR]

  by wordworm | 2005-06-27 06:58

<< 「見習い魔女にご用心」 「不思議の国の昆虫図鑑」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE