「ダ・ヴィンチ・コード」(上・下)

e0111545_10554616.jpg
ダン・ブラウン著、越前敏弥訳
「ダ・ヴィンチ・コード」(上・下)
角川書店 (2004/5/31)
ISBN-13: 978-4047914742
ISBN-13: 978-4047914759


キリスト教の根本を揺るがすと話題になった本。
読む前に色々と批評や感想を耳にしていたけれど、実際最初に思ったのは、面白い!ということ。各ページ全てに知識や情報がぎっしりとつまってて、雑学好きな人なら、まず間違いなく楽しめるのではないだろうか。
場面展開がスピーディにがらっと変わるので、しっかり食いついていかなければならない緊張感もあり、最後まで飽きることがなかった。
キリスト教会側には腹立たしい内容かもしれないが、元々宗教も歴史もその人個人の視点と結論があってしかるべきであり、百人いれば百通りの解釈と関わり方が成り立つと考える私としては、例え自分が信徒であっても、こういう視点もあるのだと楽しんでしまうと思うのだが。
それぐらい、ここに書かれた数多の説や歴史は非常に興味深い。ルネッサンス期は世界史の中でも特に気に入っている時代だし、教皇だの十字軍だのは何冊本を読んでもまだ足りない。
加えて、たまたま去年の夏、ルーブルを訪れていたので、その辺りの描写はちょうど目の前に実際の光景が現れるようで、背筋がぞくぞくした。できればルーブルに行く前に読んでおけばよかったと、少し悔やむ気持ちまで。
実はこの本は、ラングドン教授シリーズの2作目にあたり、現在3作目が執筆中とか。1作目を購入希望リストに早速加えよう。

ただ思うのは、この中に書かれた大量の情報の真偽のほどである。一体どこまでが実際に公表されている情報なのかが、私のような素人には判断がつかない。
最後の解説で少し補足してもらえたので、その点はありがたかった。

ちなみに、今回あっさり犯人を当てました。根拠? ただの勘です。
[PR]

  by wordworm | 2005-01-31 10:52

<< 「指揮のおけいこ」 「ゼンダ城の虜」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE