一覧、など

半年近い間をあけてしまって、もうどうしたらいいやら。
驚愕、ため息、自己嫌悪。
の果てに、開き直り、ときたもんだ。

ということで、とりあえずこの数ヶ月に読んだ主な本、タイトルのみの列挙。

* * * * *

ファンタジー

フィリップ・プルマン 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(上・下)
デイヴィッド・エディングス 「エレニア記」全6巻
     〃        「タムール記」全6巻
バリー・ヒューガート 「鳥姫伝」


SF

フィリップ・リーヴ 「略奪都市の黄金」


海外ミステリー

ローラ・ダラム 「ウエディング・プランナーは眠れない」
ローラ・チャイルズ 「グリーン・ティーは裏切らない」
ジャネット・イヴァノヴィッチ 「気分はフル回転!」
ヘレン・マクロイ 「家蠅とカナリア」
コリン・ホルト・ソーヤー 「殺しはノンカロリー」
アンドリュー・テイラー 「天使の鬱屈」
アーロン・エルキンズ 「水底の骨」
エリザベス・ピーターズ 「リチャード三世『殺人』事件」
    〃       「ベストセラー『殺人』事件」
    〃       「ロマンス作家『殺人』事件」
キャロライン・ヘインズ 「ダリアハウスの陽気な幽霊」
リース・ボウエン 「口は災い」
パトリシア・コーンウェル 「捜査官ガラーノ」
デイヴィッド・ハンドラー 「芸術家の奇館」
ジョアン・フルーク 「チェリー・チーズケーキが演じている」
レスリー・メイヤー 「メールオーダーはできません」
ジル・チャーチル 「愛は売るもの」


時代劇

池波正太郎 「鬼平犯科帳」(2)
畠中恵 「おまけのこ」


エッセイ

江国香織 「日のあたる白い壁」
壇ふみ・阿川佐和子 「太ったんでないのッ!?」
大江健三郎 「『話して考える』と『書いて考える』」
  〃   「暴力に逆らって書く」
  〃   「あいまいな日本の私」
  〃   「日本の『私』からの手紙」
  〃   「『自分の木』の下で」
米原万里 「愛の法則」
岸恵子 「ベラルーシの林檎」
長野智子 「デリシャスな結婚」


ノンフィクション
 
奥田昭則 「五嶋節物語 母と神童」


対談

小澤征爾・大江健三郎 「同じ年に生まれて」
阿川佐和子 「会えばなるほど」
[PR]

  by wordworm | 2008-04-01 03:53

<< 「西の魔女が死んだ」 須賀敦子さんの本 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE