<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

「クライマーズ・ハイ」

b0059565_14404525.jpg
横山秀夫著
「クライマーズ・ハイ」
文藝春秋 (2003/8/21)
ISBN-13: 978-4163220901


貸してくれた友人がこちらの方が面白いと言っていたので、あとにとっておいた。(猿並みの知恵)
そして私も彼女に賛成。「半落ち」も良かったが、こちらはさらに完成度が高いと思う。

地方紙で40年、部下をもたない遊軍記者として働く悠木。同僚の安西から誘われて難関とされる岩登りに挑む予定だったが、当日に御巣鷹山の日航機墜落事故が起こり、叶わなくなる。ところがその当日、安西は倒れて植物状態となっていた。
県内で発生した前代未聞の事故の全権デスクに任命され、社内で味わう数多の葛藤、息子との確執、そして安西が残した謎の言葉を巡って、悠木が苦悩する未曾有の一週間。

日航機事故は私も記憶にある。報道が流れるたび、悲惨、残酷、やり切れなさと、言葉にしきれない様々な負の感情が渦巻いた。ましてやこの事故を現場で追っていた記者達の目にしたもの・感じたものは、計り知れないものであったと思う。
著者に新聞記者の経歴があるのを知ってはいたが、正にこの日航機事故を記者時代に経験したとのこと。そう考えると、描かれた記者達の苦闘や社内の激しい軋轢など、ますます臨場感を増して眼前に迫ってくる。または彼のその当時の感動や後悔、自戒の念なども込められた、半自伝的なものとの側面もあるかもしれない。
そう勘繰らずにはいられないほど、描かれた内容は緻密で隙がなく、非常に深くて重い。渾身の、という言葉がふさわしい。

日航機事故と新聞社を過去編、そして17年後の岩登りへの再挑戦を現在編とした、二本柱の構成となっている。
事故取材のの渦中で悠木が味わう苦痛と涙、暗い過去を引きずる重圧感は、並大抵のものではない。彼がしかしその中で迷い悩み、時に間違えながらも貫こうとした新聞記者としての正義は、決して万人に背を向けさせるものではなかった。

安西が残した「下りるために登るんさ」という言葉。人生を山登りになぞらえることは良くあるが、この本もこの言葉の意味が解き明かされるまでの過程や悠木の戦いそのものを、岩登りのシーンと重ね合わせて語っているように感じられる。
同じ山に登っても、登山家ごとのドラマがあるように、人それぞれの人生という山の登り方がある。「心とか、気持ちとかが、人のすべてを司っているのだ」という一文が、読み終えた後も胸に残っている。
[PR]

  by wordworm | 2006-01-30 07:30

「半落ち」

b0059565_1358547.jpg
横山秀夫著
「半落ち」
講談社 (2002/09)
ISBN-13: 978-4062114394


友人がお薦めとして貸してくれた横山秀夫氏の本2冊のうち、まずは1冊目。
世事に背を向けているヒッキーな為、実は2002年のベストミステリー1位だったんだとか映画化されてアカデミー賞をとったんだとか直木賞でもめたんだとかいうことは、全て読み終わってから知りました。まあいつものことだ。

一人の現職警察官が、アルツハイマーの妻を扼殺したことで自首してきた。容疑を全面的に認めているものの、犯行後二日間の行動についてだけは語ろうとしない。その二日間の謎をつきとめようと、それぞれの立場で必死に動く警視、検事、新聞記者、弁護士……審査の進行に合わせて、次々と容疑者・梶と関わる。彼は静かな澄んだ目のまま、何かを守り、何かを待ち続けている。

まずは手法が面白い。容疑者は警察に捕まり、検察の手を経て、弁護士を得て裁判にのぞむわけだが、その流れに沿って章ごとに主人公を据え、その組織の内部をも濃厚に描き出す。しかもその内部が、どこもそこも、これでもかこれでもかというぐらい腐った組織人間が大量に登場する。その中で謎をつきとめるべく奮闘する各主人公達の努力と忍耐力、過度なストレスが仔細に描写されていて、決して軽く読めるものではない。

梶という容疑者が全編を貫く核となっているのだけど、些か力不足の感は否めない。それぞれの意地や立場も勿論あるだろうが、ただ梶が澄み切った目をしているということだけで、こうまで皆が見守る姿勢に移れるものだろうかとは思う。ミステリーとしての謎解きもそれほど目新しいものではないし。
にも関わらず、最後まで飽きさせず読ませるのは、作者の勢いのある描き込みの力、人物描写の上手さ故。組織と人間のドロドロとした暗さを詳細に見せることで、めざましいものではなくとも、ラストが清々しく感じられる。

梶の年齢は49歳。そして「人間五十年」という言葉が大事なキーワードとなっている。
高齢化が進みすぎたような現在、この言葉を銘としている人はいるだろうか。
[PR]

  by wordworm | 2006-01-29 07:33

「御宿かわせみ」(一)

b0059565_15242467.jpg
平岩弓枝著
「御宿かわせみ」(一)
文藝春秋; 新装版版 (2004/3/12)
ISBN-13: 978-4167168803


ここ1~2年のうちに読んだ時代劇といえば、池波正太郎と藤沢周平。両者ともとても面白く、また時代劇が読みたくなって手を出した「御宿かわせみ」シリーズ。筆が柔らかく、女性の描写がより色付いているような印象で、やはり女流作家によるからかなあと何度も思う。
しかしこんなロングセラーの小説に、今頃手を出すというのもお恥ずかしい話だが。

江戸にある小さな旅籠の”かわせみ”を舞台に、宿の女主人るいと、幼馴染であり恋人である神林東吾、そして起こる様々な事件、というシリーズ。
男性を主人公とした時代劇だと、捕り物だったり斬り合いだったり、どうしても剣が絡む。しかしかわせみの舞台は、深い背景はあっても、あくまで小さな宿。
宿とは他人と他人がただ一夜、もしくはほんの数日、たまたま同じ屋根の下に居合わせて、寝食を共にする場所である。そんな偶然が何も生み出さないわけがなく、第三者として眺めている分には、一つ一つのエピソードが実に興味深い。
しかしそこを家とする人間達にとっては、そうした数々の客との出会いとドラマが生活の一部であり、商売を離れた部分の自分自身の日常も出来事もあり、読者はそちらをもまた楽しむことができる。

シリーズ物を読者に飽きず読み続けさせる為には、まずは骨格を成す登場人物達が魅力的であることが絶対条件であるわけだが、「かわせみ」は主人公の二人のゆっくり切なく進んでいく恋模様を中心に、そんな二人を暖かく見守る脇役達と申し分なく揃っている。そんな土台の上に、旅籠という場所ならではのエピソードがその都度舞台に上がるわけだから、これで面白くないわけがない。
池波氏や藤沢氏の本が数冊ばかり未読本棚に積んであるが、この「かわせみ」もまた同様に、次刊をその横に積んでいくことになりそうだ。
[PR]

  by wordworm | 2006-01-26 07:35

「何はさておき」

b0059565_701496.jpg
ナンシー関著
「何はさておき」
角川書店 (2005/12)
ISBN-13: 978-4041986127


消しゴム版画家&辛口コラムニスト、2002年6月、虚血性心不全で亡くなられた。享年39歳という早すぎる死だった。

「何はさておき」、ナンシーさんのコラムは週刊誌などで度々目にしていたものの、本を読んだのはこれが初めて。年末の日本で本屋巡りをしている時、ちょうど新刊コーナーにあったので、ああナンシーさんだ……と思わず手にとった。ページをめくると、懐かしい、彼女だけしか創りえない版画が幾つもおさめられていた。

ちょー当たり前のことだけど、画はデッサン力が必須。大多数のマンガ家さんは右向き人物画が得意で、左向きはそれよりちと難しくなる。
左向き顔のデッサンが崩れてないかをチェックする為に手っ取り早いのは、紙の裏側からすかして見てみれば良い。裏から見てもマトモな顔であれば○。中にはプロのマンガ家さんでも、一旦右向きで描いて、トレースして写して左向き顔に直しているというツワモノな方もいらっしゃる。
しかし版画の場合はどうなるか。はっきり言って、全てがこの”裏からすかす”状態。右向きだろーが左向きだろーがひらがなだろーがカタカナだろーが、全部逆に写るんだ。それもモノクロのシンプルすぎる世界、線のみで表現せねばならないというのは、簡単に見えて実は随分と過酷な事ではなかろうか。しかも彫刻刀じゃなくてカッターだよ。

ナンシーさんの画のすごさ。デッサンとかだけではなく、なんとも味のある、一本の線だけで正にその人物だとわからせる顔を作り上げ、それが押し付けがましい大作でないところに、また彼女のすごさがあるんだなあ。
TVが苦手で、芸能人などほんの一握りしか知らない私が読むのは失礼かと思ったが、そんな私でも「あ、この人!」と、ポンと膝を打たせるだけの力がある版画だ。

ナンシーさんの批評文は、素人と玄人批評家の中間にあられるような気がする。あの人スキーキラーイといった素人の感想は遥かに超えているものの、「彼のあの演技の裏にあるものは」といった、隅々までつついて分析するような玄人ものでもない。
そのくせ、その鋭い目は全く侮れず、ズバリズバリと辛辣にツッコむ彼女の文は非常に漢らしい。あくまで一視聴者としてのスタンスを決して崩さず、その視点から語ることが、彼女の文体と合わさって面白さを倍増させている。

ある方が弔辞で述べられていた通り、「取替えのきかない方」であったと改めて思う。
[PR]

  by wordworm | 2006-01-17 07:38

「魔の都の二剣士」「死神と二剣士」

b0059565_1323583.jpgb0059565_1323174.jpg
フリッツ・ライバー著、浅倉久志訳
「魔の都の二剣士」
「死神と二剣士」
東京創元社; 定訳版版


ファファード&グレイ・マウザーシリーズを読む。全5巻のうち、1巻と2巻。
ライバーの作品は「妻という名の魔女たち」しか知らなくて、てっきり現代のオカルトや魔術物を得意としているのだと思いこんでいたら、実はSFやファンタジーの方でこそ有名な方だった。
中でもファンが多いというこのシリーズ、以前に3巻まで発刊されたが、その後絶版になっていた。が、新訳により全巻発売となり、ライバーの名に惹かれた私も手にとってみた。

書かれ始めたのが1930年代。ライバー独得の暗さもあって、アクションシーンが多いヒーロー物でありながら、ムードはいつもどこか皮肉めいて複雑だ。
ファファードとグレイ・マウザーという2人の剣士が出会い、意気投合して一緒の旅が始まるのだが、各々の生い立ちがまた重厚で黒い魔術に満ちたものであり、そんな2人が向かう先も更なる暗闇だらけ。それぞれの最愛の恋人を同時に失ったという影を常に背負いつつ、力と機転でもって冒険と危機を乗り越えていく。

中世頃のような舞台背景が非常に丁寧に表現されていて、それが物語に厚みを加え、頻繁に出てくる魔術に現実感を与えている。
ファンタジーはついつい息抜き的に読みたくなってしまうのだけど、これはむしろ腰を据えて読んで入り込むようにしないと、やや古臭い語り口も手伝って、ただ退屈なまま終わってしまう。そうして没頭して読み終えた後に、自分が今いる場所が一瞬分からなくなるのは、良くできたファンタジーの証明だ。
[PR]

  by wordworm | 2006-01-11 07:49

「国家の品格」

b0059565_15271456.jpg
藤原正彦著
「国家の品格」
新潮社 (2005/11)
ISBN-13: 978-4106101410


大学での講演記録に大幅に加筆したもの、となっている。
氏の長年のファンである私は、今回の日本行きで本屋に行った時、迷わずこの最新刊も手に取った。紀伊国屋で、その週の売り上げNO.1のコーナーに山積みされていた。

氏の今までの著作に比べて、かなり短時間で読み終えた。それは講演ということで随分と分かり易い語り言葉で綴られていたことに加えて、内容が今まで氏が何度も述べられていた持論だからである。
が、初めてこの本で氏の著作を読む人がいるとしたら、やや心配にならないでもない。明解ながらも極端な例が多く、一種の思想書かと思われかねない。今までの著作を順に追って読んでいれば、ここまで辿り着いた流れと背景がよく理解できるであろうし、氏の端正な文章を熟知していれば、これはあくまで講演なので、このような語り口と例を採用しているのだろうと解釈できるのだが。
ただご自分でも自覚されているように、侍数学者と呼ばれる猪突猛進型の方なので、私の考える枠を大きく踏み出しておられるのかもしれない。

主旨は非常に明解だ。欧米のような論理主義ではなく、世界に誇る日本古来よりの情緒と形、そして卑怯を憎み、惻隠の情を重んじる武士道精神を取り戻すこと。その為には何よりも幼少からの国語教育が大事であること。
”情緒と形”については、処女作である「若き数学者のアメリカ」から唱えられ、”卑怯を憎む心”はその後に続くエッセイで度々述べられ、”武士道”は「父の威厳 数学者の意地」でページを割いている。それが”国語の大切さ”としてまとめられたのが「古風堂々数学者」、教育論の形をとったのが続く「祖国とは国語」になるだろうか。
今回の本は、その論旨を国家という視点から説き直してあり、骨子は変わってはいないと思う。ただ置かれた重点が異なることで、かなり違った様相を呈している。

年長者には礼を尽くす。花や虫の音に季節を思う。謙遜と弱者へのいたわりを美とする。人生は有限であるという無常観が故に、儚い命を愛しむ。”もののあわれ”に対する感性の鋭さこそ、日本人が持つ世界へ誇るべきものだと説く。
様々な命を限りあるものとして大切にする心は、人へのいたわりと共感をも持ちうる。自然への畏怖心は、人力への驕りを失くす。それはすなわち平和を愛し、他人を尊重し、慢心からの卑怯な行為を憎むことに繋がっていくものだ。

国家というレベルで語られる氏の今回の提言、常より些か距離を置いて、藤原節を楽しみながら拝読した。
[PR]

  by wordworm | 2006-01-09 07:44

「遺伝子が解く! 女の唇のひみつ」

b0059565_13145676.jpg
竹内久美子著
「遺伝子が解く! 女の唇のひみつ」
文藝春秋 (2005/9/2)
ISBN-13: 978-4167270094


週刊文春の連載をまとめたもので、読者からのユニークな質問を、動物行動学者の著者が大真面目に学術的に分析して答えるという形で、生殖問題から有名人の生涯までバラエティに富んだ内容。いやー笑った笑った。

体の臭いは、臭いほど免疫力が弱いんだって。
若い女の子がダイエットして痩せて不健康な状態にまでもっていくのは、無意識に妊娠しにくいように体を改造してるんだって。
緑茶は動脈硬化や高血圧の予防、肥満の防止、抗菌作用、抗インフルエンザ作用などなど、正に万能薬と言って良い存在。
メスが自由に相手を選んだ方が、生存力・競争力の強い子が得られる。
こんな風に書いてしまうとなんだか真面目風味だが、竹内さんの気さくな文調で、むしろどこか脱線気味。でも本筋は押さえてる。添えられた寄藤文平氏のイラストが、また一段と抱腹もの。

下ネタ多しと思われる方もいらっしゃるかもしれないが、人間も動物である以上、繁殖行動は避けて通れず。むしろ竹内さんによれば、全ての行動の理由がそこにある。思考能力が高くとも、本能がなくては動物ではなし。

ふと何かを疑問に思ったら、この本を含めた氏の著作をめくってみるのも一興かと。思いがけないアプローチで答えが用意されているかもしれない。
ちなみに私、20年ぐらいなんでかなあと思っていたこと、この本で無事答えを見つけて密かに万歳三唱。
[PR]

  by wordworm | 2006-01-07 07:46

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE